条件達成!でグルトレの特別レポートがもらえる会社一覧はこちら

12月10日の為替天気予報はドル/円の陽線確率が71%と高く、カナダドル/スイスフランの陽線確率が29%と低くなっています!

為替(FX)の傾向・アノマリーとは?

こんにちは!川崎ドルえもんです!

「テクニカルとか見ても相場がどっちに動くか分からない・・・」

そう思ったことはありませんか?

そんな時に使えるのが私が配信している為替天気予報です

為替天気予報は、過去20年間(2000年~)のローソク足からデータ算出をしたものになります

例えば、4月1日であれば、過去20年間の4月1日に付いた日足の陽線回数と、陰線の回数を数えて陽線の確率を算出します

もし、過去20年間の4月1日の日足がすべて陽線だった場合は、陽線確率が100%となり、すべて陰線だった場合は陽線確率が0%になります

100%や0%は極端な例ですが、計算してみると陽線確率が90%や10%と高確率・低確率の日が時々出現しています

このような日には、傾向通りの方向にポジションを持ったほうが良いということがわかると思います

このように為替天気予報は日々の傾向・アノマリーを教えてくれます

為替天気予報

為替天気予報には、月足の陽線回数と陰線回数を比較したものと、その週の陽線確率を算出したものと、その日の過去20年間の確率を算出したものがあります

取り扱っている通貨ペアは、全30通貨ペアを取り扱っています

月足と週足の為替天気予報は、下の記事で公開していますので下記の記事をご覧ください

【為替天気予報】FXの月足の傾向とは?

・【為替天気予報】FXの週足の傾向と活用法は?

日足天気予報の活用法に関しては下記の記事で紹介しています

下の日足天気予報のデータを見る前にご覧ください

・【為替天気予報】FXの日足の傾向とは?日足の為替天気予報の活用法

日足天気予報

下の日足天気予報の見方の詳細は、下の記事をご覧ください

・日足天気予報データの見方

それでは、さっそく12月10日の日足天気予報データを見てみましょう!

見てみると12月10日は、ドル/円とNZドル/円の陽線確率が71%、カナダドル/スイスフランの陽線確率が29%となっており、目立った傾向・アノマリーは出ていません。

為替天気予報の注意点
・為替天気予報は過去のローソク足からデータを取り、これからの月日に当てはめたものになります。
・当データはあくまで過去のデータから算出したものであり、これからの相場を言い当てるものではありません。
・当データは始値と終値の実線ベースのデータとなります。ヒゲはデータとして入っていません。
・最終的な判断は自分で行ってください。投資は自己責任です。

kindle電子書籍とnoteで先行公開中!

前日に公開している日足天気予報ですが、より早くデータを見たい方のためにkindle電子書籍とnoteで先行公開しています!

kindle電子書籍とnoteの為替天気予報では、日足だけではなく月足と週足の為替天気予報も掲載しています

FXでは時間足だけではなく、日足・週足や月足などの情報も売買を決める参考となります

この為替天気予報が、FXトレードの参考データになればうれしいです!


為替天気予報2020年12月編(kindle電子書籍)


為替天気予報2021年1月編(kindle電子書籍)


為替天気予報(note版)

この記事が良いと思ったら共有お願いします!

川崎ドルえもんおすすめのFX会社

トライオートFX
(当ブログ限定レポートプレゼント中!)

ヒロセ通商
(当ブログ限定タイアップ中!)

マネースクウェア(トラリピ)
(当ブログ限定レポートプレゼント中!)

みんなのFX
(当ブログ限定レポートプレゼント中!)

SBIFXトレード
(当ブログ限定タイアップ中!)

セントラル短資FX
(当ブログ限定レポートプレゼント中!)

マネーパートナーズ
(当ブログ限定レポートプレゼント中!)

FXブロードネット
(当ブログ限定レポートプレゼント中!)

LINE FX

LIGHT FX

IG証券

※レポートプレゼントの条件は各サイトの詳細をご覧ください。

コインチェック