→グルトレのやり方はこちら←

グルグルトレインのやり方

ドル♪ドル♪川崎ドルえもんです!

今回は私、川崎ドルえもんが開発したグルグルトレインの基礎を教えます!

グルグルトレインの詳細はこちら!グルグルトレインのはじめかた

基本の1円グルトレ

グルグルトレインとは私、川崎ドルえもんが開発したFXの新手法です。

グルトレとはIFD(イフダン)注文と指値注文の集合体です。

1円あたりIFD注文20個と指値注文1個の注文になります。

この図が1円グルグルトレインのロングです。

子本体ロング=50pips利確のロングIFD注文。通貨枚数は1,000通貨。

子本体ショート=50pips利確のロングIFD注文。通貨枚数は1,000通貨。

子本体ロングとショートは10pipsずつズラして1円ごとに各10個ずつ注文します。

サポートロング=指値注文。通貨枚数は10,000通貨。

サポートロングはグルトレを終了するまで決済しません。

※グルトレではIFD注文を子本体、指値注文をサポートと呼びます。

グルトレが1円上昇すると

では実際にグルトレを運用してみましょう!

この図がグルトレインロングが1円上昇した場合です。

子本体ロングは500円利益確定が6個と400円・300円・200円・100円の利益が出ています。計算すると4,000円の利益となります。

子本体ショートは-1,000円・-900円・-800円・・・と階段状に損失が出ています。計算すると-5,500円の損失となります。

サポートロングは10,000円の利益が出ています。

この①・②・③を足すとグルトレロングが1円上昇すると8,500円の利益になります。

グルトレが1円下落すると

逆にグルトレロングが1円下落すると下の図のようになります。

子本体ロングが-1,000円・-900円・-800円・・・と階段状に損失が発生します。計算すると-5,500円の損失になります。

子本体ショートは500円利益確定が6個と400円・300円・200円・100円の利益が出ています。計算すると4,000円の利益になります。

サポートロングは-10,000円の損失になります。

①・②・③を計算するとグルトレロングは1円下落すると-11,500円の損失になります。

1円下落して50pips上昇したら

グルトレの1円下落を見て「なんだ損してるじゃないか」と思うかもしれません。

ちょっと待ってください!グルトレインの本領発揮はこれからです。

次にグルトレが1円下落して50pips上昇するとどうなるでしょう?

①まず、1円下落すると500円利益確定の子本体ショートが6個決済されています。その他は決済されていません。計算すると3,000円の利益が発生しています。

そして1円下のサポートと子本体が約定している状態です。

その後、50pips上昇すると

子本体ロングが-500円・-400円・-300円・-200円・-100円の損失と100円・200円・300円・400円・500円の利益という状態になっています。これを足すと合計0円です。

③次に子本体ショートが-500円・-400円・-300円・-200円・-100円の損失となっています。これを足すと-1,500円の損失になっています。

サポートロングは1円下のサポートが5,000円の利益、スタートしたサポートが-5,000円の損失となっています。計算すると合計0円です。

この①・②・③・④を計算するとグルトレロングは1円下落して50pips上昇すると1,500円の利益になります。

つまりスタート地点から50pips下なのに1,500円の利益が発生しているのです!

普通の裁量トレードであれば、まだ損失が発生している状態です。

グルグルトレインは逆行してもある程度戻ってくればスタート地点まで戻らなくても利益になるFX手法なのです!

グルトレの連結

グルグルトレインはこの1円グルトレを相場にあわせて連結して運用します。

これ以降のグルグルトレインの詳細はKindle電子書籍で販売しています。

また、下のFX業者でグルグルトレインタイアップをしており、口座開設するとグルトレ小冊子がもらえます。
よかったら!

SBI FXトレードとグルグルトレインがタイアップ!

トラリピのマネースクウェアとグルグルトレインがタイアップ!

ひまわり証券×川崎ドルえもんタイアップキャンペーン!

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です