サンドウィッチ戦略のやり方はこちら

3年利200%超え!?話題のドルえもん流リピート系FX自動売買”サンドウィッチ戦略”を大公開!

※本記事ページは広告・口座開設プロモーションにて運用されています。

トライオートFX

FX自動売買するならトライオートFX!
新規開設はこちら

当サイトからの口座開設プロモーションにご協力のほどお願いします。

新リピート系自動売買手法

リピート系はレンジ相場にこそ、強みがある

リピート系自動売買は同じ注文を繰り返す観点から、“レンジ相場”になりやすい通貨ペアに優位性があります

例えば、豪ドルNZドルは2014年ごろから1.14~1.00の範囲内で推移していて、ユーロポンドは2017年ごろから0.95~0.83の範囲内で上下動を繰り返しており、リピート系自動売買にとっては繰り返し約定しやすい相場感となっています

また、私が開発した以前のリピート系手法、”グルトレ”は今まで売りか買いかを判断する裁量要素がありました

そこで、今回はグルトレの裁量部分を排除した、まったく新しいリピート系注文「サンドウィッチ戦略」を開発・作成させていただきました!

サンドウィッチ戦略」はいわゆるリピート系のハーフ&ハーフと両建てナンピンを使った、既存のものとはまったく違う革新的なリピート系自動売買となっています。

ハーフ&ハーフとは?

ハーフ&ハーフとは、レンジ相場を上と下に2つに分け、下では買い注文、上では売り注文のリピート系を仕掛けるというものです

サンドウィッチ戦略では、そのハーフ&ハーフをヒントに川崎ドルえもん流にアレンジし、注文幅と利確幅をオリジナル設定しています

また、スワップポイントも考慮し、プラススワップになる方向の約定回数が多くなるように設定しています

例えば、下で紹介するサンドウィッチ_ユーロ/英ポンドでは売りポジションでスワップが貰えるため、中心線を少し下げて売り注文が多く入るように設定しています

両建てナンピンとは?

両建てナンピンとは、レンジの下半分では買いナンピンをしていき、相場が上がってコアレンジ帯の上限に達したら全決済をし、逆にレンジの上半分では売りナンピンをして、コアレンジの下限に達したら全決済するというもので、レンジ相場の大きな流れを攻略していきます。

例えば、下の画像のようにユーロポンドは2017年ごろから0.95~0.83の範囲内で上下動を繰り返しているので、0.8760より上では20pips間隔で売りナンピンをしていき、0.8700まで下落したら全決済、0.8760より下では20pips間隔で買いナンピンをしていき、0.8910で全決済を行っていきます

引用:TradingView

両建てナンピンは1回の全決済で大きな利益を得られる反面、長期的なレンジ相場を狙っていくため、日頃はあまり決済が行われません

通貨ペアによっては数か月に1回しか全決済がされない場合もあります

そこで考えついたのが、ハーフ&ハーフと両建てナンピンをセットにしたのが「サンドウィッチ戦略というシステムです

ハーフ&ハーフの注文部分が日頃のレンジ相場でチャリンチャリンと細かい利益を積み上げ、両建てナンピンが大きな利益を上げることを意識して作成しました。

サンドウィッチ_Mixの3年利は200%超え

より細かい設定は後述するとして、まずは論より証拠!・・・ということで、このサンドウィッチ戦略は1つの通貨ペアでも運用ができますが、3通貨ペアで同時にサンドウィッチ戦略を運用するのがおすすめです

下の画像は、追記時点(2023/11/16追記)でサンドイッチ戦略の豪ドル/NZドル、南アフリカランド/円、ユーロポンドの3つを同時に運用した場合のシミュレーション結果となります

見ての通り、含み損益の変動が少なく、収益も右肩上がりで3年間の期間収益率は200%を超えとなっています!

3通貨ペアであれば、下で紹介しする5通貨ペアを運用するのに比べて比較的、必要証拠金も少なく、含み損益も少ないため、安定したシミュレーション結果となっています

※過去のシミュレーション結果であり、将来の利益を保証するものではありません。

5通貨ペアで運用すると

また、サンドウィッチ戦略は5通貨ペアで運用することもできます。これをサンドウィッチMixと言います。

下の画像は2023/06/30で「サンドイッチ_Mix」を3年間運用した際のシミュレーション結果となります

見ての通り、収益は右肩上がりで3年間の期間収益率は200%を超えています

ドローダウンも他の自動売買に比べて凹みが少なく、リピート系自動売買では安定した収益を生み出しています

※過去のシミュレーション結果であり、将来の利益を保証するものではありません。

ただ、このサンドウィッチ_Mixは多くの通貨ペアのポジションを保有するため、多くの推奨証拠金が必要になります。

そこで、そこまで資金の無い人はサンドウィッチ戦略_3通貨ペアで運用するか、豪ドル/NZドルなどの単独のサンドウィッチ戦略で運用していき、慣れてきたら通貨ペアを増やすようにしていきましょう!

※サンドウィッチ_Mixは下の5つのサンドウィッチ戦略を組み合わせたものなので、下の5つを個別にカートに入れて運用しても一緒の運用システムになります

運用してみたいと思ったらトライオートFX(インヴァスト証券)の認定ビルダーを覗いてみてください!

トライオートFX公式サイトはこちら➱

当サイトからの口座開設プロモーションにご協力のほどお願いします。

複数通貨ペアでの運用が良し!

上のサンドウィッチ戦略_3通貨ペアや、サンドウィッチ_Mixのシミュレーション結果で含み損失の凹みが少ない理由は、各通貨ペアが補完しやすくなっているからです。

金融には「相関関係」というものがあります。

相関関係とは特定の銘柄や通貨ペアが買われるときに同時に違う通貨ペアが買われやすい、もしくは売られやすい関係性のことを言います。

特定の通貨を買うということは逆にそれに対する通貨を売っているため、もしくはその国の貿易や国交の関係から隣国にも影響を与えるからです。

この3通貨ペアを合わせたサンドウィッチ戦略_3通貨ペアのドローダウンが単独で運用したときよりも少ないのはその相関関係がうまくマッチしているからと言えるでしょう。

トライオートFXで自動化運用ができる!

このサンドウィッチ戦略は、トライオートFXでFX自動化ができるようになっています!

トライオートFXは、自動売買ができるFX会社として有名で、ストラテジストやブロガーが考案したルールを選んですぐに運用を始めたり、自分でリピート系自動売買を作成できたりすることができます。

今回は、そこの自動売買セレクトにサンドウィッチ戦略を追加させていただきました!

運用は、口座開設をして・・・
①ログイン➱②自動売買セレクト➱③FXタブ➱④認定ビルダー➱⑤カートに追加➱⑥取引ロットを調整・・・
…すると簡単に運用を始めることができます!

デフォルト設定は、取引ロットが多めに設定されているので、最低取引単位に変更して運用するのもありですね

※本記事ページは広告・口座開設プロモーションにて運用されています。
FX自動売買はトライオートFX!
新規開設はこちら

トライオートFX公式サイトはこちら➱

当サイトからの口座開設にご協力のほどお願いします。

サンドウィッチ戦略の設定値一覧

これより下では、通貨ペアごとの設定値を紹介していきましょう

サンドウィッチ_ユーロ/英ポンドの設定値

サンドウィッチ_ユーロ/英ポンドを単体で運用したときの現時点(2023/06/30)の過去3年間のシミュレーション結果は、下記のようになっており、3年間の期間収益率は150%となっています。

サンドウィッチ_ユーロ/英ポンドのシミュレーション(3年間)※過去のシミュレーション結果であり、将来の利益を保証するものではありません。

・ユーロ/英ポンドのハーフ&ハーフ部分の設定値
黄色い線の範囲内(0.9100~0.8480間)をコアレンジとし、その外の黄色線から赤い線(0.9100~0.9260間と0.8480~0.8300間)をサブレンジとして、黒い線(0.8700)より上では売り注文、下では買い注文を設定しています。
注文間隔はコアレンジ、サブレンジともに20pips間隔で、利確幅はコアレンジでは70pips、サブレンジは120pipsと設定しています。

引用:TradingView

・ユーロ/英ポンドの両建てナンピン部分の設定値
赤い線(0.9260)から中央の黒い線(0.8760)まで20pips間隔で売りナンピンをしていき、黒い線の下にある緑色の線(0.8700)で全決済を行い、買いナンピンは下の赤い線(0.8300)から黒い線(0.8760)まで20pips間隔で買いナンピンをしていき、上緑色線(0.8910)で全決済を行う設定となっています。

引用:TradingView

サンドウィッチ_ユーロ/豪ドルの設定値

サンドウィッチ_ユーロ/豪ドルの現時点(2023/06/30)の過去3年間のシミュレーション結果では、期間収益率130%超えとなっています。

サンドウィッチ_ユーロ/豪ドルのシミュレーション(3年間)※過去のシミュレーション結果であり、将来の利益を保証するものではありません。

・ユーロ/豪ドルのハーフ&ハーフ部分の設定値
黄色い線の範囲内(1.6450~1.5250間)をコアレンジ、その外の黄色線から赤い線(1.6450~1.6750間と1.5250~1.4350間)をサブレンジとして、黒い線(1.5550)より上では売り注文、下では買い注文を設定しています。
注文間隔はコアレンジ、サブレンジともに30pips間隔で、利確幅はコアレンジでは60pips、サブレンジは100pipsと設定しています。

引用:TradingView

・ユーロ/豪ドルの両建てナンピン部分の設定値
上の赤い線(1.6750)から黄色い線(1.6450)までは100pips間隔、黄色い線から黒い線(1.5550)までは50pips間隔で売りナンピンをしていき、黒い線の下にある緑色の線(1.5370)で全決済を繰り返していく。
買いナンピンは、下の赤い線(1.4350)から黄色い線までは100pips間隔で、黄色い線から黒い線(1.5550)の間は50pips間隔で買いナンピンをしていき、緑色上線(1.6150)で全決済を繰り返します。

引用:TradingView

サンドウィッチ_豪ドル/NZドルの設定値

サンドウィッチ_豪ドル/NZドルの現時点(2023/06/30)の過去3年間のシミュレーション結果では、期間収益率150%超えとなっています。

サンドウィッチ_豪ドル/NZドルのシミュレーション(3年間)※過去のシミュレーション結果であり、将来の利益を保証するものではありません。

・豪ドル/NZドルのハーフ&ハーフ部分の設定値
赤い線の範囲内(1.1160~1.0320間)をレンジ帯として、黒い線(1.0740)より上では売り注文、下では買い注文を設定しています。注文間隔は20pips間隔で、利確幅は90pipsと設定しています。

引用:TradingView

・豪ドル/NZドルの両建てナンピン部分の設定値
赤い線(1.1160)から黒い線(1.0720)まで20pips間隔で売りナンピンをしていき、中央の黒い線の下にある緑色の線(1.0570)で全決済を行い、買いナンピンは、下の赤い線(1.0320)から黒い線(1.0720)まで20pips間隔で買いナンピンをしていき、上緑色線(1.0820)で全決済を行う設定となっています。

引用:TradingView

サンドウィッチ_米ドル/スイスフランの設定値

サンドウィッチ_米ドル/スイスフランの現時点(2023/06/30)の過去3年間のシミュレーション結果では、期間収益率100%となっています。

サンドウィッチ_米ドル/スイスフランのシミュレーション(3年間)※過去のシミュレーション結果であり、将来の利益を保証するものではありません。

・米ドル/スイスフランのハーフ&ハーフ部分の設定値
黄色い線の範囲内(1.0000~0.9100間)をコアレンジ、その外の黄色線から赤い線(1.0000~1.0240間と0.9100~0.8830間)をサブレンジとして、黒い線(0.9640)より上では売り注文、下では買い注文を設定しています。注文間隔はコアレンジ、サブレンジともに30pips間隔で、利確幅はコアレンジでは60pips、サブレンジは120pipsと設定しています。

引用:TradingView

・米ドル/スイスフランの両建てナンピン部分の設定値
赤い線(1.0240)から中央の黒い線(0.9640)まで30pips間隔で売りナンピンをしていき、下にある緑色の線(0.9200)で全決済を行い、買いナンピンは下の赤い線(0.8820)から黒い線(0.9640)まで20pips間隔で買いナンピンをしていき、上緑色線(0.9840)で全決済を行う設定となっています。

引用:TradingView

サンドウィッチ_南アフリカランド/円の設定値

サンドウィッチ_南アフリカランド/円の現時点(2023/06/30)の過去3年間のシミュレーション結果では、期間収益率100%となっています。

サンドウィッチ_南アフリカランド/円のシミュレーション(3年間)※過去のシミュレーション結果であり、将来の利益を保証するものではありません。

・南アフリカランド/円のハーフ&ハーフ部分の設定値
赤い線の範囲内(8.80~6.36間)をレンジ帯として、黒い線(7.87)より上では売りリピート注文、下では買いリピート注文を設定しています。注文間隔は5pips間隔、利確幅は売り注文が15pips、買い注文が40pipsと設定しています。

引用:TradingView

・南アフリカランド/円の両建てナンピン部分の設定値
赤い線(8.80)から中央の黒い線(7.80)まで5pips間隔で売りナンピンをしていき、下にある緑色の線(7.17)で全決済を行い、買いナンピンは下の赤い線(6.36)から黒い線(7.80)まで5pips間隔で買いナンピンをしていき、上緑色線(8.12)で全決済を行う設定となっています。

引用:TradingView

サンドウィッチ戦略を運用してみよう!

このサンドウィッチ戦略は、5年以上レンジ相場になっている通貨ペアが前提になっています。

なので、注意点として今後、説明したレンジ幅を外れた場合は、運用を見直す必要があります。それだけは注意してください。

しかし、サンドウィッチ戦略は、これまでになかった通貨ペアの相関関係とリピート系注文を組み合わせた革新的なリピート系自動売買となっています!

初心者の方もぜひ、このサンドウィッチ戦略に触れていただけると幸いです。

サンドウィッチ戦略は、トライオートFXの自動売買セレクトで選択するだけで簡単に自動売買ができようになっています

ぜひ、トライオートFXでサンドウィッチ戦略の詳細をチェックしてみましょう!

FX自動売買はトライオートFX!
新規開設はこちら

トライオートFX

トライオートFX公式サイトはこちら➱

当サイトからの口座開設プロモーションにご協力のほどお願いします。

※当記事の情報は、2023年7月1日時点の情報。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です