おすすめ!グルトレの特別レポートがもらえる会社一覧はこちらをクリック!

為替時間統計論の考え方

為替には時間な統計がある

為替(FX)には時間的な傾向が多くあります

例えばゴトー日です。ゴトー日とは、15日や20日など5の倍数の日のAM9時55分にある仲値のことで、この日は実需のドル買いというドルが買われやすい傾向があります

もう1つは、8月の円高傾向です。下の図は各通貨ペアの月足の陽線と陰線の数を月ごとに数えたものになります

8月の欄を見てみると、すべての通貨ペアで陰線の数が多くなっていることが分かると思います

このことから、8月は円高になりやすい傾向があるということがわかると思います

この傾向は「お盆休み」と関係があります

お盆休みは長期休暇になる企業が多く、国内の企業やトレーダーがお盆休みに入る前にポジションを戻す、つまり日本円に買い戻す傾向があります

そのような傾向から8月は日本円に関する通貨ペアが下落しやすいと言われています(所説あります)

ヒロセ通商

為替時間統計論とは

このように為替(FX)には様々な時間的な傾向があります。そして、まだまだ気づいてない時間的傾向が多くあると思っています

私たちは日本人ですので、自分の国以外の他の国の休日や行事などの細かな時間的傾向のことは詳しくありません。なので、私たちが知っている時間的な傾向はわずかです

それに、いくら8月は円高傾向のアノマリーがあるといっても8月は31日もありますのでいつから下落するのか分かりませんよね

そこで、それを調べるために過去のチャートの日足から各日の過去の確率を計算して時間な的傾向を探していく、それが為替時間統計論(日足予報)です

時間統計論は月足バージョンと週足バージョン、日足バージョンがあります

時間的な傾向はいわゆるアノマリーの部類に入ります

この為替時間統計論は算出したあとに理由が分かることも多くあります。あなたも理由を探してみましょう!

DMM FX

為替時間統計論 日足予報データの見方

最新の為替時間統計論のデータはこちら!

注意
・為替時間統計論は過去のローソク足からデータを取り、これからの月日に当てはめたものになります。
・当データはあくまで確率論です。高い確率でも何%か逆の確率がありますので、注意してください。
・当データは始値と終値の実線ベースのデータとなります。ヒゲはデータとして入っていません。
・最終的な判断は自分で行ってください。投資は自己責任です。

SBIFXトレード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です