条件達成!でグルトレの特別レポートがもらえる会社一覧はこちら

FX会社”FXTF”はスプレッドが業界最狭水準!

FXTFはドル円のスプレッドが0.1銭!

こんにちは!川崎ドルえもんです

今回紹介するのは、スプレッドが狭いことで定評のあるFX会社”FXTF”の紹介です!

FXTFは、ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社という会社が運営しており、シンガポールに親会社があります

親会社が海外といってもきちんと日本の金融庁に登録してあるので安心して利用ができる会社です!

FXTFスプレッド一覧

通貨ペア スプレッド(※1) 配信率(※2)
米ドル/円
0.1銭 99.98%
ユーロ/円
0.3銭(※3) 99.99%
ユーロ/米ドル
0.2pips 99.99%
豪ドル/円
0.4銭 99.99%
ポンド/円
0.6銭(※3) 99.99%
豪ドル/米ドル
0.6pips 99.99%

※原則固定(例外あり)記載のスプレッドは固定されたスプレッドではありません。例外として、市場の急変時(東日本大震災などの天変地異・各国中央銀行の市場介入・その他外部要因)や市場の流動性が低下している場合(月曜日の午前7時~午前8時頃、夏時間の午前6時前後(冬時間の午前7時前後)、クリスマス時期、年末年始)、経済指標の発表前後の時間帯等においては、スプレッドが拡大する場合があります。※上記実績は、2020年10月1日(木)~2020年10月30日(金)の日本時間AM8:00~翌日AM5:00におけるスプレッド配信率を表示しています。

※3 ユーロ/円とポンド/円はキャンペーンスプレッドになります。2020年12月31日(木)取引終了時まで!

詳細はこちらをご覧ください

FXTFはドル/円のスプレッドを0.1銭原則固定(例外あり)で提供しています

最近は、他のFX会社でもスプレッド競争が激しくなっていますが、期間を限定せずにドル/円のスプレッドを0.1銭にしているのはFXTFのみとなっています(※)

また、FXTFはユーロドルのスプレッドを0.2pipsで提供しています

ユーロ/ドルのスプレッドを0.2pipsで提供しているのは大手のFX会社でFXTFのみとなっており、かなり狭いスプレッドをFXTFは提供していることがわかります(※)

スプレッドは取引コストに直結するのでスプレッドが狭いことはFXトレーダーにとって重要なことになります

※2020年12月9日時点。川崎ドルえもんのFXブログ調べ。

FXTFは30通貨ペアに対応!

FXTFは、全30通貨ペアに対応しており、”NZドル/カナダドル”や”ポンドNZドル”など、他社ではあまり見ない通貨ペアにも対応しています

対応通貨ペアは下の通り。

・米ドル/円・ユーロ/円・ユーロ/米ドル・豪ドル/円・ポンド/円・豪ドル/米ドル・NZドル/円・ポンド/米ドル・南アフリカランド/円・ユーロ/豪ドル・NZドル/米ドル・カナダドル/円・ユーロ/ポンド・米ドル/カナダドル・ポンド/豪ドル・トルコリラ/円・豪ドル/NZドル・スイスフラン/円・米ドル/スイスフラン・ユーロ/NZドル・ポンド/カナダドル・豪ドル/スイスフラン・ユーロ/カナダドル・ユーロ/スイスフラン・ポンド/NZドル・ポンド/スイスフラン・豪ドル/カナダドル・NZドル/スイスフラン・NZドル/カナダドル・メキシコペソ/円

FXTFは1,000通貨から取引可能!

また、FXTFは1,000通貨から取引可能です

FX会社によっては1万通貨からしかトレードできないFX会社もあるので、比較的少ない金額からFXを始められます

FXTFの必要証拠金の詳細はこちらをご覧ください。

FXTFは追証機能あり!

追証とは、ポジションが含み損失になるなどして、証拠金が不足している状態です

国内のFX会社によっては、証拠金が100%になったら強制的に決済されるFX会社もあるのですが、FXTFの場合は証拠金が100%を下回ってもすぐには決済されず、証拠金が50%を下回るか、もしくは規定の時間までに入金やポジションを決済することによって証拠金を100%に上回らせれば決済されない追証機能があります。

なので、一瞬の急落で一時的に証拠金が100%を下回ってもすぐに決済されないので、その後に相場が戻り証拠金が100%を上回るかポジション調整、もしくは入金することによって強制決済(ロスカット)されない可能性があります(注:あくまで可能性であり、相場の状況によります。)

FXTFのロスカットの詳細はこちらをご覧ください。

FXTFはMT4も使える!

FXTFは、メタトレーダーいわゆるMT4の利用が可能です

MT4はチャートの解析や、EAなどの自動売買によく使用されているシステムです。

FXTFは、MT4の”PCインストールタイプ”と”PCブラウザタイプ”と”スマートフォンアプリ”に対応しています。

 

いかがだったでしょうか?

スプレッドコストなどが安いFXTF、良かったらFXトレードに使ってみては?


FXTF公式ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です