FX手法グルトレ解説書プレゼント中!詳細はこちら

FXとは?外国為替証拠金取引とも言います。

FXとは?

いま話題のFXトレード

FXとは、実際にあるお金に倍率(レバレッジ)を掛けて外貨が買えるサービスです!

例えば100万円のお金があれば、普通は100万円分の米ドルしか買えませんが、FXではなんと最大25倍のレバレッジがかけられるため2,500万円分の米ドルが買うことができます。

FXは、英語でForeign Exchange、日本語で外国為替証拠金取引と言い、資金を元手に数倍もの外貨を売り買いすることができます。

このFXの利点は、少ないお金で大きな利益を得られる可能性がある点です!

外貨預金などで100万円分の米ドルを買おうとすると、ドル/円のレートが100円の時だった場合は、1万ドルに両替することができます。

一方、FXであれば同じ100万円でも最大25倍の米ドルを買うことができるので、最大25万ドルの米ドルに両替することができます。

こうすることで、FXでは通常では得られないわずかな為替変動から大きな利益を得ることができます。

例えば外貨預金の場合は、1万通貨の米ドルを持っているので、もしドル/円のレートが100円から101円になった時に再び両替して日本円に戻すと、最初に両替した日本円の100万円が101万円になります。

一方、FXの場合は資金100万円で米ドルを25万ドル分を保有しているので、レートが100円から101円になった時には資金がなんと100万円から125万円と増えることになります!

これがFXの最大の利点です。

FXは売りからもできる!

また、FXはドル/円などの外貨を買うだけでなく、売りからも取引ができるという利点があります!

通常の外貨預金などでは、米ドルなどの外貨を買うことしかできません。

しかし、それではドル/円のレートが上昇する時にしか利益にすることができないので、ドル/円が下がっている時には何もできません。

一方、FXトレードではドル/円を売るという行為をすることができます!

つまり、ドル/円のレートが下がりそうな時には、売りポジションを持つことで、ドル/円の下落相場でも利益にすることができるのです!

このあたりのFXのシステム説明は難しいので、今はそういったものだと思っておく程度で大丈夫です。

ちなみにFX業界では、売りポジションのことを”ショートポジション”、買いポジションを”ロングポジション”とも言ったりします。

外貨預金よりも手数料安い

さらに、FXの利点は手数料が安い!ということです!

通常の外貨預金や両替などでは、2円前後のスプレッドといういわば手数料みたいなものを払う必要があります。

例えば、ドル/円のレートが100円の時に100万円分の米ドルを買って、すぐに円に戻した場合は外貨預金の場合はレートが動かなくてもスプレッドのせいで100万円が98万円とかになってしまいます。

しかし、FXの場合はこのスプレッドがとてつもなく安く(狭く)、ドル/円のスプレッド0.2銭というFX会社が多くあります。(スプレッドはFX各社によって異なります)

銭とは円の下位単位で、100銭が1円です。つまり外貨預金の手数料2円とFXスプレッドを比べると、約1000倍近い取引コストの差が生まれてくるのです。

例えば、外貨預金で100万円分の両替をすると2万円程度の手数料が取られますが、FXでは20円程度の取引コストとなります

このようにFXは取引コストがものすごく安いのです!

この手数料の安さから外貨預金ではなく、FX口座でレバレッジ1倍、つまり今ある資金分の外貨を買って金利を得ている人もいるほどです。

※厳密に言うと手数料とスプレッドは異なるものです。

FXの注意点は証拠金維持率

FXは、このように少ない資金で大きな利益を得られますが、注意する点もあります。

それは証拠金維持率です。

証拠金維持率とは、どの程度のレバレッジ(倍率)を掛けて外貨を持っている状態なのかを表す数値で、これを100%以上にする必要があります。

この証拠金維持率は、国内のFX口座は最大25倍までレバレッジが効かせられるので、レバレッジ1倍、つまり自分の資金と同等分の外貨ポジションを持っていた場合には、証拠金維持率は2500%と表され、逆にレバレッジ最大である資金の25倍ぶんのポジションを持っていたら100%と表示されます。

つまり、証拠金維持率はどの程度のレバレッジを掛けてポジションを持っているのかのパーセントで、最大のレバレッジを掛けていれば100%、それよりもレバレッジ(倍率)をかけていなければ数字が増えていき、レバレッジ1倍なら2500%となるということです。

ここで重要なのが、FXではレバレッジが100%を下回ると強制的にポジションが決済されてしまうという点です。

例えば資金が100万円あり、この時に2500万円分の外貨を買ったとすると、証拠金維持率は100%になります。
この時に、持っている外貨のレートが少しでも自分の思った方向と逆の方向に動いてしまった場合は、証拠金維持率が100%を下回ってしまうため、強制的にポジションが決済されて日本円に戻されます。これを強制決済、またはロスカットと言います。

なので、レバレッジをかければ最大25倍分の外貨を売り買いできますが、実際のFXトレードではレバレッジ25倍ではポジションに余裕がないため、資金の1倍~10倍程度とレバレッジを落としてポジションを持つことがほとんどとなります。

実際にはポジションを持った時には、自分の口座詳細に”証拠金維持率○○%”と表示されるので、これが100%以下にならないようにしていきます。

 

次の記事⇩
仮の資金でFXトレードのやり方を理解しよう!

FX基礎知識一覧へ戻る

FX初心者におすすめするFX会社は?

FXを始めるためには、まずFXの口座を開設しなければなりません。

しかし、FXを取り扱っている会社は数十社あり、FXを始めたばかりの人はどの会社が良いのかわかりません。

そこで私がおすすめしたいFX会社は、少ない資金からでも始められる口座です!

FXは会社によって取引できる最低通貨枚数が決まっており、FX会社によっては1万通貨からしか取引できないFX会社もあります。

そのなかで、SBIFXトレードとMATSUIFXは1通貨から、マネーパートナーズは100通貨から取引ができるので、少ない資金からでもFXが始められます!

SBIFXトレード公式サイト

MATSUIFX公式サイト

マネーパートナーズ公式サイト

次の記事⇩
仮の資金でFXトレードのやり方を理解しよう!

FX基礎知識一覧へ戻る

※記事作成日:2022年9月19日
※最終的な投資判断は自分自身で行ってください。投資は自己責任です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です