おすすめ記事:下手にFX裁量トレードするよりメキシコペソをスワップ運用したほうが儲かる件

FXリピート系【すくみ】の考え方とは

ドル♪ドル♪川崎ドルえもんです。

最近FXリピート系で注目されている手法【すくみ】をご存じでしょうか?

すくみとは、米ドル/円・ユーロ/円・ユーロ/ドルなどの複数の通貨ペアを同時に注文をしていく手法です。

「すくみ」という手法の考え方は

世界の【通貨の価値】は移動しているだけ

というのが前提となっています。

例えば、「米ドル/円をロングした。」という行為は、【通貨の価値】を円から米ドルに移動したという行為となります。

日本からアメリカという国のあいだで【通貨の価値】が移動しただけあって、地球全体にある通貨の価値の総量は変わってはいない。

という考えです。※1

・3すくみの考え方

今回は仮定として、この地球上に日本国、アメリカ合衆国、ユーロ圏(※2)の3ヵ国しかなく、
この各国に【100】の通貨の価値があり、全世界で合わせての【300】の通貨の価値があったと仮定します。

円が売られたら

もし、この状態でなにかしらの理由で日本の通貨の価値が50%売られたら・・・

このように、日本で何かしらの円売りが起きた場合は、日本の【通貨の価値】が50%下がり、アメリカとユーロの【通貨の価値】が125%に上昇します。【通貨の価値】の総量は300と変わっていません。

米ドルが売られたら

次に、アメリカの通貨の価値が50%売られたら・・・


このように、アメリカで何かしらのドル売りが起きた場合は、アメリカの【通貨の価値】が50%下がり、日本とユーロの【通貨の価値】が125%に上昇します。同じく【通貨の価値】の総量は変わっていません。

米ドルと円が売られたら

次に、アメリカと日本の通貨の価値が50%売られたら・・・

もし、50%のドル売りと50%円売りが起きた場合は、アメリカと日本の【通貨の価値】が50%下がり、ユーロの【通貨の価値】が200%に上昇します。こちらも【通貨の価値】の総量は変わりません。

 

・3カ国同時にショックが起きたら?

もし、日本国、アメリカ合衆国、ユーロ圏で同時ショックが起きたら?

3カ国同時ショックが起きた場合は、この3カ国しかない世界では、リスク回避できる国がないため、「自国の通貨で保有するのが安全だ。」という心理が働き、通貨の価値の変動は起こりません。

・すくみは同時ショックが起きないことが前提

このように、世界の【通貨の価値】は国同士を移動しているだけ、というのがすくみの考え方です。※1

この状態で、あなたが日本円を買って、米ドルを買って、ユーロを買っていたらどうなっているでしょうか?

①日本円の通貨の価値が50%下がっても、米ドルとユーロの通貨の価値が125%に上がっています。

②米ドルの通貨の価値が50%下がっても、円とユーロの通貨の価値が125%上がっています。

③アメリカと日本の通貨の価値が50%下がっても、ユ-ロの通貨の価値が200%に上がっています。

日本円 米ドル ユーロ 勝率
日本円⤵ 損失 利益 利益 勝:2 負:1
米ドル⤵ 利益 損失 利益 勝:2 負:1
ドル・円⤵ 損失 損失 利益 勝:1 負:2

このように、すべての通貨ペアが同時に損失になることがない。というのが、すくみの基本的な考え方なのです。

・3すくみは2つの最大損失で良い?

3すくみはこのように、負けても2つまでなので、2つの最安値に耐えれば良いという考えが基本的な考えです。

しかし、地球上には、たくさんの国があり、この3カ国の間だけで【通貨の価値】の移動が行われているわけではありません。

また、この3カ国でも国力が違うので、【通貨の価値】も同じではないのです。

そこに気を付けて、すくみの設定を考えていきましょう。

 

注:今回は説明しやすいように、世界で3ヵ国しかない。という設定でした。
また、数字も説明しやすいように区切りのよい数字で説明しました。
実際の数字ではないのでご注意ください。

・すくみをやるならトラリピがおすすめ!

3すくみの運用は、決済された注文を再注文してくれるトラリピがおすすめです!

マネースクエアのトラリピでは口座開設者限定で設定したトラリピの投資資金額シュミュレーションもできます!


 

 

※1 実際には違いますが、便宜上の説明として。
※2 国と仮定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です