FX手法グルトレ解説書プレゼント中!詳細はこちら

8月8日はユーロ/カナダドルに注目!?FXのアノマリー情報を紹介!

為替相場のアノマリーとは?

アノマリーとは、明確に説明ができないけれど経験的になぜかそうなりやすい規則性のことを言います。

例えば、8月のお盆休み前は円高になりやすいアノマリーがあったり、12月はニュージーランドドルが買われやすい季節性があると言われています。

これらは、理由がわからないこともありますが、人々の様々な思惑が影響しています。

例えば、先ほど紹介したお盆休み前の円高アノマリーは、日本人の機関投資家やトレーダーが長期休み前にポジションを決済して日本円に戻すため、円高になりやすいと言われています。

このようにアノマリーは、人やグローバル企業などの思惑で発生します。

しかし、これは経験則的に言われているだけであり、今までは明確な根拠はありませんでした。

そこで、私は過去の相場の回数を数えてその日にどういった季節性があったのかを特定して確率で公開しています!

例えば、9月29日の日足を数えてみると、ユーロ/ポンドは過去20年間で実に96%の確率で陽線が付いており、陽線が付きやすいアノマリーがあったことが分かります。

このようにその日のアノマリーが数字でわかれば、FXトレードの参考になるはずです!

月足と週足のアノマリー情報はこちら!

この記事では、下で全28通貨ペアの日足アノマリー情報を紹介していますが、同時に月足と週足、そして4時間足のFXアノマリー情報も発信しています!

日足以外のアノマリー情報は別記事で紹介しています!

月足のアノマリー情報では月別の傾向が分かりますし、週足統計データではその週のアノマリー情報が分かります。

このように、日足よりも大きな時間足のアノマリー情報を見たい場合は、下のリンクから見ていきましょう!


FX投資の日足アノマリー分析

それではさっそく全28通貨ペアの日足アノマリーデータを見ていきましょう!

下の表は、過去20年間の8月8日の日足を数えて陽線になった確率を算出したものになります。

データの見方としては、左から順に
①2002年~2011年(10年間)の陽線確率
②2012年~2021年(10年間)の陽線確率
③過去20年間の陽線確率
④過去20年間の陽線確率が70%以上なら”上昇”、30%以下なら”下落”の傾向を表示
しています。

つまり、過去20年間の数字を見て確率が高ければい過去に陽線になった回数が高く、低いほど陰線になりやすかったというアノマリーデータが分かります!

さっそく表を見てみると、8月8日は豪ドル/ドルの陽線確率が76%、カナダドル/スイスフランは81%と高く、ユーロ/豪ドルは24%、ユーロ/カナダドルは14%などと低くなっています。

特にユーロ/カナダドルは陽線が14%しか付いておらず、陰線が付きやすいアノマリーがあったようです。

このように全28通貨ペアの過去の日足を数えてみると、その日の傾向・アノマリーが分かってきます!

この情報は、その日によって強いアノマリーが出たり、逆にアノマリーの弱いデータが出たりする日がマチマチなので、毎日チェックしていきましょう!


スイングトレードに最適なFX業者とは?

ポジションを数日保有するスイングトレードですが、口座を選ぶコツはズバリ!マイナススワップの少なさです!

多くのFX会社はプラススワップを多くする代わりに逆方向のポジションを持った時にマイナススワップを大きく取る傾向があります。

例えば、M社はドル/円の買いポジションを持つと1日あたり10円のスワップポイントが貰えますが、逆に売りポジションを持ってオーバーロール(営業日を持ち越す)となんと-144円をもマイナススワップPを払う羽目になります。

もちろん、プラススワップになる方向にポジションを持つのであれば、なんら問題はありませんが、FXの魅力は買いでも売りでもポジションが持てるところです。

為替レートの上下の動きを狙う為替差益トレーダーにはマイナススワップは死活問題です。

私も営業日を持ち越しながら為替差益を狙うスイングトレーダーで、マイナススワップになる方向にポジションを持ちながらオーバーロールすることはよくあります。

そういった意味で、マイナススワップになるポジションをオーバーロールして持ち越す可能性があるFXトレーダーにオススメしたいのがマイナススワップの少ないFX業者です。

例えば、みんなのFXというFX会社は、ドル/円の買いスワップが60円と高水準でありながら、マイナススワップも-60円となっていて、上記で紹介したM社とでは大きなスワップポイントの差があります!

少しでも営業日を持ち越すトレードをする可能性のある人は下のFX口座を使ってみるのが良いでしょう!

みんなのFX

紹介したみんなのFXは、オーバーロール(営業日超え)をすると付いてしまうマイナススワップ少ないスイングトレード向けのFX会社です。

また、取引ツールも充実しており、各通貨の売られ具合や買われ具合が分かる”通貨強弱”や、AIが売買のサインを発する”TMサイン”などの情報ツールをサービス提供しています!

LIGHT FX

LIGHT FXは、業界最狭水準スプレッドのスプレッドを提供しており、スワップポイントもみんなのFX同様頑張っている注目のFX会社です。

また、LIGHT FXと当ブログではキャンペーンを行っており、川崎ドルえもんが書いた資金管理のやり方を解説したレポート「FXキャッシュマネジメント」を口座開設して5Lotの取引をした方にプレゼントしています!

トレイダーズ証券【LIGHT FX】

DMM FX

DMM FXは、テクニカルに強いFX会社で、実に29種類のテクニカルを使うことが可能です!

スワップポイントの差も少なく、マイナススワップが少なめなのもスイングトレーダーにとってはポイントです!

期間限定カムバックキャンペーン!最大5万円キャッシュバック!

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、ドル/円のスプレッドが0.2銭と業界最狭水準でありながらマイナススワップも少ないFX会社で、売りでも買いでも取引がしやすいFX会社です。

さらにFX取引高が世界第1位のFX会社で、サービスや使いさすさに定評のあるFX会社です!(ファイナンス・マグネイト社調べ。2020年1月〜2020年12月)

このFXアノマリー情報が、あなたのFXトレードの参考になればうれしいです!

もし、このアノマリー分析が良い情報だと思ったら、ぜひTwitterやFacebookなどで拡散してくれたら嬉しいです!

FXアノマリー情報の注意点
・このFXアノマリー情報はあくまでも過去の相場のローソク足からデータを取り、これからの月日に当てはめたものです。
・当情報は
これからの相場を言い当てるものではありません。
・最終的な判断は自分で行ってください。投資は自己責任です。

※(1万通貨あたり。2022/7/22時点のスワップポイント)
※キャンペーン詳細や概要は該当の公式サイトに準じます。当リンクから概要や注意事項をご覧ください。