→グルトレのやり方はこちら←

10万円でメキシコペソのスワップ運用をしよう!~取引編~

10万円でメキシコペソのスワップ運用をしよう!

ドル!どる?川崎ドルえもんです!

前回の記事で紹介した10万円でメキシコペソのスワップ運用をしよう!の第二段!

前回の記事でセントラル短資FXの口座開設をしましたが、
セントラル短資FXから無事にユーザーIDとパスワードが届きました!

ということで今回はセントラル短資FXでの入金と川崎ドルえもん流のメキシコペソのスワップ運用のポジション作りの紹介です!

セントラル短資FXの登録を完了しよう!

セントラル短資FXは、口座開設完了後の入金する前にパスワードの設定とマイナンバーの登録が必要なようです

下記リンクから郵送されてきた「ユーザーID」と「仮パスワード」でログインし、パスワードの設定をします。

セントラル短資FXURL:https://www.central-tanshifx.com/

初回はセントラル短資FXのスマホアプリからはログインできませんのでご注意ください。

パスワードを設定したら、そのまま「マイナンバー登録」をしましょう。
セントラル短資FXではマイナンバー登録をしないと取引ができません

今回口座開設したセントラル短資FXの口座開設はこちらから!
セントラル短資FX×当ブログ限定施策キャンペーン!

セントラル短資FXに入金しよう!

セントラル短資FXでパスワード設定とマイナンバー登録が完了したら入金をしましょう!

まずは、セントラル短資FXのスマホアプリをインストールしよう

iPhoneの方はこちら→クイックトレードプラス

Androidの方はこちら→クイックトレードプラス

アプリをインストールしたらログインしましょう!

ログインが完了しましたら、

メニュー→マイページ→クイック入金もしくは銀行振込

という流れで入金をします。

今回は川崎ドルえもんと同じ10万円でも入金しましょう

※入金額は任意です。お好みの額で入金しましょう

セントラル短資FXで5万通貨以上を新規取引してキャッシュバックを受け取ろう!

まず、当ブログのリンクからセントラル短資FXの口座開設した方は、限定施策の条件である5万通貨以上の新規取引をして、「5,000円キャッシュバック!」「グルトレ特別レポートプレゼント!」の条件をクリアしておきましょう!

詳細は下記に書きますが、今回は川崎ドルえもんのメキシコペソのスワップ運用ですので、一度メキシコペソ/円を50,000通貨を買い注文し、その後40,000通貨を決済していきましょう

①まずは、クイック注文もしくは新規注文画面でMXN/JPYを50,000通貨をロングします。

②その後、「建玉照会」から対象のポジションをタップします。

③決済するポジション数を40,000通貨にして、10,000通貨を残して決済しましょう。

取引コストは、相場変動が無ければスプレッドが0.4pipsなので1万通貨あたり40円のスプレッドを払います。

今回は4万通貨を決済するので40円×4=160円払うことになります。

こうしておけば、5,000円のキャッシュバック条件を満たしつつ、残した1万通貨のメキシコペソ/円のポジションが最初のスワップポイントを持ってきてくれます。

当ブログ限定キャンペーンの詳細はこちら↓

セントラル短資FX×当ブログ限定施策キャンペーン!

注意
キャッシュバック条件に対象通貨ペアが記載されていないので、メキシコペソ/円も対象だと思われますが、念のため確認を取っています。確認がとれ次第掲載致します。詳細を確認したい方はキャンペーン事務局へお問い合わせください。

川崎ドルえもんのメキシコペソのスワップ運用設定を公開!

それでは、川崎ドルえもん流のメキシコペソのスワップ運用方法を紹介していきましょう!

川崎ドルえもんのメキシコペソのスワップ運用設定はまず、10,000通貨を成行注文でポジションを持ちます。

その後、指値注文をしておき、メキシコペソ/円が下がってきたら買い増しをしていこう!という作戦です。

買い増しする価格は、メキシコペソ/円が

「5.65円」・「5.5円」・「5.35円」・
「5.20円」・「5.05円」・「5.0円」

になった時です。

その価格になったら約定するように指値注文を設定しておきます。

すべてが約定したら70,000通貨のポジションになります。

すべてが約定すると最初の成行注文の価格によりますが、現在(※)のメキシコペソ/円の価格が5.8円前後ですので、平均約定価格は「5.36円」になります

※2019年3月7日時点

ロスカットされる金額は?

この合計平均価格が5.36円で、70,000通貨のメキシコペソが下落するとロスカットされるのは、メキシコペソ/円が「約4.1円」になった時に強制ロスカットされます

過去の記事で紹介したように、メキシコペソ/円の最安値は「4.87円」ですので、最安値を更新し最安値から0.77円下まわればロスカットされるということになります。

ちなみに、当ブログのキャッシュバックキャンペーンで5,000円キャッシュバックされれば、資金が105,000円になりますので、メキシコペソ/円が約4円(正確には4.03円)になるまでは耐えられます。

ですので、メキシコペソ/円が4円前半になったら損切りするか、証拠金を増やすのかを考えましょう。

ちなみに今回の設定であれば、7万円の資金を追加して資金を17万円にすればメキシコペソ/円が約3円(正確には3.03円)になるまでは理論上耐えられます。


川崎ドルえもん流メキシコペソのスワップ運用の設定方法

それでは、実際に設定をしていきましょう!

最初の10,000通貨を成行注文

最初はスワップ取得のための10,000通貨のポジションを持ちましょう。

①セントラル短資FXのスマホアプリを起動し、下の画像のMXN/JPYペアの赤枠をタップします。

②タップしたら、「成行」をタップします。

③注文数量を「10」×1000にします(※)

「確認」をタップして注文をします。

MEMO
※当ブログ限定の新規口座開設者5,000円キャッシュバックキャンペーンを適用する場合は、一度新規ポジションを50,000通貨以上持つ必要があります。一ポジションを持ち、決済取引をして調整しましょう。
(詳細はキャンペーン詳細をご覧ください)

指値注文を設定

次に下落した場合に約定するように指値注文を設定しておきましょう

①上の画像のMXN/JPYペアの赤枠をタップします。

「指・逆指」をタップします

③注文数量を「10」×1000にします

④注文条件を「指値」にします

⑤注文レートを「5.65」円にします

⑥有効期限を無期限にします

「確認」をタップし注文します

注文画面に戻り、(⑤)の注文レートを下記に変えて残りの6つの注文をします。

注文レート:「5.5円」・「5.35円」・「5.20円」・「5.05円」・「5.0円」

こうしておけば、メキシコペソ/円が下落した場合に勝手に約定されます

あとは、勝手にスワップが貯まっていきます!

長期運用になりますが、とりあえず1ヶ月後を楽しみに待ちましょう

あとがき

注意
今回紹介した数値は理論上の計算であり、FX会社によって将来的にスプレッドが拡張したり、必要証拠金が変動したりします

川崎ドルえもん流のメキシコペソ、スワップ運用方法を紹介しました!

川崎ドルえもんは2019年3月7日にこの設定をしました

よろしければ参考にして一緒にメキシコペソのスワップ運用をしていきましょう

次の記事:10万円でメキシコペソのスワップ運用をしよう!~取引編~

川崎ドルえもんのオススメ!メキシコペソのスワップポイントが業界高水準のFX会社セントラル短資FX↓

セントラル短資FX×当ブログ限定施策キャンペーン!

セントラル短資FX

過去の記事:【下手にFX裁量トレードするよりメキシコペソをスワップ運用したほうが儲かる件】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です