FX手法グルトレ解説書プレゼント中!詳細はこちら

11月29日のアノマリー情報!FX投資の傾向分析!

為替相場のアノマリーとは?

アノマリーとは、明確に説明ができないけれど経験則的になぜかそうなりやすい規則性のことを言います。

例えば、8月のお盆休み前は円高になりやすいアノマリーがあったり、12月はニュージーランドドルが買われやすい季節性があると言われています。

これらは、理由がわからないこともありますが、人々の様々な思惑が影響しています。

例えば、先ほど紹介したお盆休み前の円高アノマリーは、日本人の機関投資家やトレーダーが長期休み前にポジションを決済して日本円に戻すため、円高になりやすいと言われています。

このようにアノマリーは、人やグローバル企業などの思惑で発生します。

しかし、これは経験則的に言われているだけであり、今までは明確な根拠はありませんでした。

そこで、私は過去の相場の回数を数えてその日にどういった季節性があったのかを特定して確率で公開しています!

例えば、9月29日の日足を数えてみると、ユーロ/ポンドは過去20年間で実に96%の確率で陽線が付いており、陽線が付きやすいアノマリーがあったことが分かります。

このようにその日のアノマリーが数字でわかれば、FXトレードの参考になるはずです!

月足と週足のアノマリー情報はこちら!

この記事では、下で全28通貨ペアの日足アノマリー情報を紹介していますが、同時に月足と週足、そして4時間足のFXアノマリー情報も発信しています!

日足以外のアノマリー情報は別記事で紹介しています。

月足のアノマリー情報では月別の傾向が分かりますし、週足統計データではその週のアノマリー情報が分かってきます。

日足よりも大きな時間足のアノマリー情報を見たい方は、下のリンクからどうぞ!


FX投資の日足アノマリー分析

それではさっそく全28通貨ペアの日足アノマリーデータを見ていきましょう!

下の表は、過去20年間の11月29日の日足を数えて陽線になった確率を算出したものになります。

データの見方としては、左から順に
①2002年~2011年(10年間)の陽線確率
②2012年~2021年(10年間)の陽線確率
③過去20年間の陽線確率
④過去20年間の陽線確率が70%以上なら”上昇”、30%以下なら”下落”を表示
しています。

つまり、過去20年間の数字を見て確率が高ければ過去に陽線になった回数が高く、低いほど陰線になりやすかったというアノマリー情報が分かります!

このことを考えながら、さっそく表を見てみると11月29日はユーロ/円とポンド/円とドル/カナダドルとユーロ/カナダドルの陽線確率が71%と高くなっています。

このように過去の日足を数えてみると、その日の傾向・アノマリーが分かってきます。

この情報は、その日によって強いアノマリーが出たり、逆にアノマリーの弱いデータが出たりする日があるので、毎日チェックしていきましょう!


資金管理レポートをプレゼント中!

FXでは、資金管理が大切です。

そんな資金管理のやり方を徹底解説したレポートを当ブログ限定でプレゼントするキャンペーンを行っています!

条件は口座開設をしてLIGHT FXで5Lotの取引をするだけ!

FXブロードネットでは20万円以上入金して1回取引するだけでレポートプレゼントしています!

FX投資において資金管理はとっても大切です。本レポートを読んでFXのやり方を学んでいきましょう!

LIGHT FX

LIGHT FXは、業界最狭水準スプレッドのスプレッドを提供しており、スワップポイントも頑張っている注目のFX会社です!

FXブロードネット

FXブロードネットはFXの自動売買などを取り扱っているFX会社です。取引コストも安く、1,000通貨から取引が可能です!

FXブロードネット

※プレゼント詳細はリンク先の概要欄をご覧ください。
※FX会社とのタイアッププレゼントキャンペーンはPDF形式での配布となります。


このFXアノマリー情報が、あなたのFXトレードの参考になればうれしいです!

もし、このアノマリー分析が良い情報だと思ったら、ぜひTwitterやFacebookなどで拡散をよろしくお願いします!

FXアノマリー情報の注意点
・このFXアノマリー情報はあくまでも過去の相場のローソク足からデータを取り、これからの月日に当てはめたものです。
・当情報は
これからの相場を言い当てるものではありません。
・最終的な判断は自分で行ってください。投資は自己責任です。

※キャンペーン詳細や概要は該当の公式サイトに準じます。当リンクから概要や注意事項をご覧ください。