サンドウィッチ戦略のやり方はこちら

【FX】6月7日のアノマリー分析情報をまとめて紹介!ポンドドル上昇の傾向あり?

アノマリーとは?

アノマリーとは明確に説明ができないけれど経験則的になぜかそうなりやすい規則性のことを言います

例えば8月のお盆休み前は円高になりやすいアノマリーがあったり、12月はニュージーランドドルが買われやすい季節性があると言われています

これらは理由がわからないこともありますが、人々の様々な思惑が影響しています

例えば12月は南半球にあるニュージーランドは季節が逆になり12月は収穫の季節となるためNZドル買いになりやすいと言われています

このようにアノマリーは四季の季節性やグローバル企業の決算などの思惑で発生していきます

そこで私は過去の相場を数えてその日にどういったアノマリーがあったのかを確率で公開しています!

例えば9月29日の日足を数えてみると、ユーロ/ポンドは過去20年間で実に96%の確率で陽線が付いており、陽線が付きやすいアノマリーがあったことが分かります。

月別・週別のアノマリー情報はこちら!

この記事では全28通貨ペアの日足アノマリー情報を紹介していますが、その他の記事では月別と週別、そして4時間足のアノマリー情報を発信しています

月足のアノマリー情報では月別の傾向が分かりますし、週足統計データではその週のアノマリー情報が分かります!

月別や週足のアノマリー情報をご覧になりたい方は下のリンクからどうぞ!

低予算で為替取引ノックアウトオプション!

6月7日のアノマリー

それではさっそく日別アノマリーデータを見ていきましょう!

下の表は全28通貨ペアの6月7日の日足を過去20年間数えて陽線になった確率を算出したものになります

データの見方としては”03~12年”は2003年から2012年の10年間の陽線になった確率、”13~22年”は2013年から2022年(10年間)の陽線確率、過去20年間は2003年~2022年の陽線確率となります

基本的に過去20年の確率を見て確率が高ければ過去に陽線になった回数が高く、低いほど陰線になりやすかったと見ていけは大丈夫です!

データの見方が分かったところでさっそく下のデータを見てみると、6月7日はポンドドルの陽線確率が81%と高くなっていました!

さらに、NZドル円とNZドルスイスフランは71%と高くなっていますね

このように過去のデータを数えてみると、その日の傾向・アノマリーが分かっていきます!

トライオートFXリピート系自動売買するならトライオートFX!

おすすめ高スワップFX会社ランキング

最近の為替市場ではスワップポイント投資が話題になっています

そのワケは、日本が政策金利0%に対して、アメリカの政策金利が約5%とかなり高い状況になっているため、米ドル円をロング(買い)保有しているだけで金利が貰えるからです!

アメリカの政策金利が5%ということは、1日あたりおおよそ195円のスワップポイントが貰える計算になりますが、これはFX会社の頑張りによって金額が変わります

そこで、高いスワップを提供しているFX会社4社を紹介していきましょう!

(当サイト専用リンク)

みんなのFX

みんなのFXは、ドル円のスワップが222円と高スワップポイントを提供しており、さらに逆ポジション保有時のマイナススワップの差が少ないFX会社です

みんなのFXは、取引ツールも充実しており、各通貨の売られ具合や買われ具合が分かる”通貨強弱”や、AIが売買のサインを発する”TMサイン”、本来は有料でしか使えないトレーディングビューなどサービス提供していてかなりオススメです!

みんなのFXは取引コスト・ツールが充実!

外貨ex byGMO

外貨ex byGMOは、ドル円のスワップが218円と高スワップポイントを提供しています!

スプレッドも業界最狭水準でバランスの取れたベーシックなFX口座となっています

豊富な取引ツール外貨exでFXを始めよう!

SBI FXトレード

SBI FXトレードは、ドル円のスワップが210円と高スワップポイントを提供しており、取引通貨枚数が最小1通貨単位からという業界最小取引単位から取引ができるFX会社です

スプレッドも、ドル円は100万通貨までは0.18銭(例外あり)とかなり狭くなっています

SBIFXトレードは1通貨から取引できる!

※スワップポイントは2023年5月30日の実績を参照。

上のリンクから高スワップ低スプレッドでFX取引ができるFX会社の口座を開設してFXトレードをやってみよう!

また、このアノマリー情報はその日によって強いアノマリーが出たり、アノマリー出なかったりする日があるので、毎日チェックしましょう!

もし、このアノマリー分析が良い情報だと思ったら、ぜひTwitterやFacebookなどで拡散をよろしくお願いします!

FXアノマリー情報の注意点
・このFXアノマリー情報はあくまでも過去の相場のローソク足からデータを取り、これからの月日に当てはめたものです。
・当情報は
これからの相場を言い当てるものではありません。
・最終的な判断は自分で行ってください。投資は自己責任です。